Timeless Summer ついでに『抱きしめてキスも』マーケティング

posted in: 420blog | 0

Timeless Summer ついでに『抱きしめてキスも』マーケティング

アイキャッチは相変わらず o-dan.net からお借りしています

今日は画像多めで その画像がポイントです

そもそも「アイキャッチがダサい」いいんです!

“Timeless Summer”なんてタイトルを書かれていた分…なおダサいですか?

いいんです!今回の【解決すべき問題点】にリンクさせていので

『抱きしめて、ついでに、キスも』

この漫画とはリンクしていないのですが【ついでに】が今回のテーマ

あの敏腕資産家のYouTubeチャンネルから今日もネタを頂きましたので

プロップス贈らせて頂きます それでは今回の本題は何を解決するか!
Timeless Summer 夏を売るな!改善を売れ

『物を売るな、改善を売れ』それに必要なもの!

以前の記事でも竹花さん(敏腕資産家)のYouTubeをリンクさせて頂いたので
気になる方はブログ記事からアクセスしてみると大切な学びを得られます

その進化版です『夏を売るな!改善を売れ』ついでに抱きしめてキスも!

結論!
キーワードは“Timeless Summer” であり“体験“ と“アントラージュ効果“

先に整理しておきます!今回の内容は水着の生産/販売を行う女社長へ

何かアドバイス的なLINEを送ろうと想ったのですが…

LINEで送るよりブログで書いた方が速いし「皆さんと共有」できるので

こうしてブログ記事にしています!ビジネスの改善を常に考えており

竹花さんのYouTubeを聴きながら『水着販売についての改善点』を

模索した内容を書いております!先日も「熱海のビジネス分析と改善」を

勝手に熱海で現地リサーチしながら友人らとディスカッションした結果

【熱海】もやはり「体験」と「アントラージュ効果」が使えそうでした

水着は海でするコスプレみたいだけど別に夏だったら街着でも良くない?

夏から水着を剥がす作業をコツコツ積んでいけば…

海で着る水着から街で着る水着を育てられるんじゃないのかな!

そしたらブランドとして差別化された位置でポジショニングできる

ビキニの無いビーチは寂しいけど海じゃなくてもビキニはばえる

アイキャッチの次の画像は混雑した海だけど「体験」を楽しんでいるのでる雰囲気が満載であって

お気に入りのビキニを着て楽しんでるのは「アントラージュ効果」でしかなく

海や水着や夏は「自由になれる」「開放感を味わえる」

そんな『欲望』を満たしているのではないでしょうか?

※夏の海はリビドーを全力で楽しむ甲子園のようなものでしたのよね?

そんなビーチにおいての水着の役割は「言い訳」です(男的思考)

夏や海は全体的にブルーのイメージカラーだから「赤」や「黄」の対照色がばえる

車の2枚の写真は「水着」と「海」を切り離すための導線的な素材です

海から丘に上がっても「そこに自分たちの体験を満たす効果」があれば

人だらけの海から「水着」の中身を切り離すことが可能になる!

故意的に海外線の駐車場に「ヒッピーなワーゲン」や

「カラフルにペイントされたお洒落な車」停めていたら

海に来る皆さんならどんな欲望にかられるでしょうか?

そこで得られる「体験」や「アントラージュ効果」に魅了されるのでは!

お金を掛ける必要なんて…それ殆どありません

『そこにあったら良いと想われるモノ』を無料で提供して

そこにいる欲望を持った人々と結びつけること

海という場所で人を集めることは容易いことであり

そこで集められる人とは?潜在的な顧客としての資質を持っています

※宣伝広告にお金を使うよりもタダで宣伝して貰うことにお金を使う

ビーチには必ずこんな感じのブランコがぶら下がっています

適材適所!彼だとしたら彼は世界で羨ましいほどに沢山のお尻に触れています

風雨にさらされることで渋い風貌を磨きながら…

「ビーチでできること」「海沿いでできること」「丘でできること」

少しづつ海から遠ざけてもビキニ姿でいてくれるスポットを仕込むこと
水着を着ている人に水着を買わせることこそ!

「夏を売らず!改善を売ること!」

Timeless Summer

今ここにある夏は誰も奪えない!体験として残した夏は色褪せない

そして夏こそ!真の短期決戦の場であるが故に「改善を売るチャンス祭り」

「次の海へ可愛い水着と一緒に出掛けてみませんか?」

今回は水着のリサーチや海の画像を検索するのにビキニのおねーちゃん達を

たくさん観れて幸せです!そう夏はあっちゃこっちゃに出掛ける人も多い

ヘビロテしているお気に入りの洋服や水着?売ってる側でも想い当たるよね?

新作で買ったお気に入りの水着…ビーチで見掛けた可愛い水着に

心奪われたことってありますよね?僕は曲線美を見るのが専門ですから

着ることはありませんが「伊達に観ているだけではない!」

後でネットでリサーチする時に「その水着の特徴や質感」などで当たりをつけれるように記憶しています

もしビーチで出逢ってしまった水着を着てみたいっとおもったら?

日本の海岸は…「ビーチ」と「プール」が繋がってない

隣接してるのも海の家…そんなところで「焼きそば」「ラーメン売って」

何が楽しいの?「夏を売ってるだけ!何も改善を売ってない!」

もっと楽に儲けられるのに「風情」を日本人は大切にしている

ビーチで遊んでプールで遊ぶのが楽しいのに!知らないのかな?

水着を見せるチャンスを作るならビーチよりビーチから丘までの間

本来だったらプール付近でゆったり寛げる場所が確保できるとこ

平均的な女性が水着を何枚所有しているか?プロなら分かりますよね

そして平均的な水着の破棄サイクル(耐久性やデザイン性)も

水着を着ている人に水着を売る(もしくはアピールして後日マネタイズに繋げる)アテンドって難しいように見えて

タイミングが揃っている据え膳状態である理由は!

熱海で視察した「純喫茶パインツリー」

熱海銀座でノスタルジックを売りにした体験型の喫茶店(喫煙不可和式)

普段食べないパフェを頬張りゲーム機のテーブルで小銭を落とし

隣接した駄菓子屋で懐かしい駄菓子を買ってしまうアントラージュ効果

その隣に「若者に人気のドミトリー」を建てた方がいらっしゃる

宿は簡素的であって熱海の街を楽しんで貰う「出歩く文化」を育成する取組

情報が集まる場所には人も集まる 人が集まる場所には情報も集まる

世界のバックパッカー宿「カオサンロード」「パパルガンジ」

その旅の次の目的に必要なモノが手に入る環境と安宿が作り出すアントラージュ効果

海辺に欲しいのは焼きそば食える店でもラーメン食える場所でもない!

体験とアントラージュ効果を満喫できたら嬉しいですよね
水着を着たままで出歩けることができれば「体験」も「アントラージュ効果」も

もっと大きな流れを生み出すことができる「夏を売るな!」
投資するところのフォーカスを間違えない!

※宣伝広告にお金を使うよりもタダで宣伝して貰うことにお金を使う

撮影するなら自前の施設を作ればいい!施設は夏場の稼ぎどころであり

オフシーズンは撮影場所であり!簡易的な宿として運営できれば問題ない

※撮影にお金を使うよりもタダで水着撮影して食える施設にお金を使う

個人的にこのレスキュー画像をプリントしたTシャツが欲しいので載せました!

どうでしょうか?可愛くないですか

同じよう気持ちになって白Tシャツ一緒に着てくれる人いませんか…

もし数人集まりそうなら作ってみようと想ってます

希望者は販売価格の3分の1でお譲りいたします

君がすべて資金を出さなくていい!

シーズン中は海へもいける冬の海だって楽しめる

そんなちょっと泊まれて小さなプールがあって

プライベートなBARも楽しめる

そんなプチホテルのオーナーに一人10000円でなってみませんか?

ドミトリータイプのミニマルな宿泊施設!

君ならどんな利用価値を生み出し!どんな方法で集客して!

どんな資金集めを実行しますか? これがオーナー制で構築できる

オーナーとなる一人一人も顧客であり優秀な宣伝広告マンである

「水着屋さんがはじめた水着好きの集まるプチホテル」
オーナー様は予約が取れる日であればシーズン関係なくオーナー価格で宿泊可能

美味しいお酒や施設の利用はお連れさまも含めて30%OFFでご利用できる

気ままにオールシーズン活用できてフォトジェニックな施設としても

「自分がオーナーであるホテルあるんだけど行かない?」って

自己投資によるステータスのアップも得られる

撮影のスタジオとして利用しシーズンに合わせて化粧直しを加えて

新鮮味や変化を加えながら増設したり資金を再投資することで拡大させる
今回は水着が切口でしたが「水着」一つとっても

「環境をコンバートする」「季節をコンバートする」「シーズンに売る」

着れる理由を探すよりも着る楽しさやアントラージュ効果で改善を売る

水着で水着好きを集める 集まれる場所をオーナー制にして人を集める

集まった人と一緒に新しいことを始める 始めたことを拡大させる

ビーチを飛び出した水着が街角で観れたり 自分も想いつかない新しい

コミニュケーションを生み出したりする「ツール」となると

とても楽しいビジネスになると想って応援しております 420yama
【PR】 LipCrown (リップクラウン)

友人の女性社長がつくるオリジナル水着ブラントのサイト

新しく”Timeless Summer”も付け加えろっとアピッておきます

生産管理から自社で行っている完全オリジナルの水着ブランドであり

流通コストを抑えることでブランド自体の販売価格を下げることを実現し

通常同じクオリティを保ち流通に乗せるブラントよりも遥に低価格を継続して

水着のプチプラブランドを確立しています 今後の展開は独断と偏見を与え

優秀なブレーン達の思考をインプットして更に強力に進化させます

たくさんの水着をお持ちの皆さん 体験とアントラージュ効果?!

楽しんでみたいですよね? どうぞLipCrownも可愛がってやってください

よろしくお願いいたします

420friendly渋谷好きな皆さんへ 7月の営業時間の再報告

posted in: 420blog | 0

420friendly渋谷好きな皆さんへ 7月の営業時間の再報告

本日は420shibuyaの営業時間についての再報告させて頂きます

上記の最新記事は小売店さんが課題とする【スキル向上】の役に立ちます

是非ご一読いただければ幸いです  420yama
7月/8月 定休日は御座いません 月曜から日曜日まで毎日オープンしています

平日の営業時間 12:00〜22:00 日曜から木曜までは基本22:00閉店

営業時間のご確認はお気軽に03-3770-7799へお電話ください

LINE@での質問は420shibuya_officalまでお願い致します

週末の営業時間 12:00〜4:20 金曜と土曜日まで通常の4:20閉店

お越しいただく皆さまへは大変ご不便をおかけして申し訳ございませんでした

今しばらく臨時営業にてのご対応させて頂ければ幸いです
  • 渋谷随一の喫煙具の品揃え2020年で一番豊富に取り揃っております
  • CBD渋谷随一の品揃えを目指して国内ブランド勢揃いし始めてます
  • 渋谷でOil/710/Vaporizer/の品数随一宣言!!! 旬な喫煙具取り揃ってます
  • 笑顔間違いなく渋谷でNo,1の420shibuyaスタッフがお待ちしてます

POPは書き方じゃない!キーワードの選定こそコツです

posted in: 420blog | 0

POPは書き方じゃない!キーワードの選定こそコツです

店舗運営の差別化!

皆さん悩んだり試行錯誤したり

瞑想していませんか?費用は部材費だけでなく

人が動くことで発生する「人件費」も試算してますか?

そんな「店舗運営の差別化」の決め手は【POP演出】

無難な装飾やディスプレイ制作にかける費用や時間より

ミニマルな店内と無言のコミニュケーションで

グッとお客さんの心を引き込むPOPこそ生産性があり

世界観を発信して「人」が作り出してしまう

「曖昧さ」や「的はずれ」をカバーしてくれる

そんなPOPは「書き方じゃない!」

できる限り形容詞を取り去った「キーワード」

選定こそコツだ!がお客さんに刺さるっと云うお話

スタッフに任せがちなPOP書き!

「ここが大きなロス!」をしている!

そんなに多くの店主が気づいてない点です

まず店主も「見てみないふり」をしています

420shibuyaも最大のロスをくり返しました

「時間」そして「機会」をドブに捨てて…

気づくには沢山のPOPづくりを横目でみながら

「作業効率」と「生産性」を分析してきて

【決定的な結論】を探り当てましたので

本日は無駄な作業でスタッフのスキルUPを

育まないで放置している総ての店主に贈ります

POPは書き方じゃない!

伝えるための【キーワード】選定がコツ

書き方が上手い下手ではない=上手いスタッフに

依存しない根本的な解決ができます

今まで自由に任せて書かせていたPOP作業ですが

ここで一度手綱を締めましょう!

【決定的な結論】をスタッフに伝えれば

納得して貰えます!納得できないのは

根本的に「感覚」「感受性」が高い芸術肌

よって店舗運営のオペレーション(マニュアル化)が

結果的に作成できない事になります!

これがロスを垂れ流す悪循環なので解消しましょう


POP作業を取り上げることが主旨ではない!

狙いどおりに作業効率と生産性を向上させて

POP作成をマニュアル化することで

スタッフ自身もスキルUPに繋がるコツをお伝えします

【決定的な結論】

Blog(ブログ)を書くコツを皆さん(特に店主さん)は

ご存知ですか?

では!その「目的とコツ」をあげて下さい

はい!それが【決定的な結論】です  以上

『SEOに引っかかるキーワード選定』

このBlog(ブログ)作成のセオリーをPOPに置き換え落とし込む!

はい!本当にこれだけです

POPは「接客補助ツール」「動かない従業員」

お客さんの【不足や不便】を解消する

「気の利いた役割」として配置すると同時に

店舗内の統一感や世界観を演出できる便利なツール

そんな役割だったのはWEBという検索環境が

今より整っていなかった過去のお話です

何が言いたいのか?!

今はWEB世界と実社会がリンクしている

お客さんの心理にダイレクトに刺さる言葉

文句(ワード)もWEB検索の関連キーワードと

リンクさせることで「親近感」「親和性」が高まる



「あれ?わたしは何処かでこれを知っている」

これです!既にWEB検索で使う言葉や文句に対して

違和感を感じずに「売られている」「営業されてる」

そんな感じを受けることは絶好の機会を失いましす

「自らが選んでいる」っとおもえるキーワードを

POPの文章に添えてあげることは日頃の検索する

そんなキーワードとリンクすることで解消されます

この手法はBlog(ブログ)書き始めて

多くの店舗運営の作業内容を分析して

見直す要因になった実例です

スタッフ達は自分たちの仕事に誇りをもっています

それは悪いことではないですが!

それは誰のために行っているのか?

本来の目的とは何なのか?!

「作業効率」と「生産性」と「対価」

これを管理して最大化するのは誰に役目ですか?!

それを「学び」「理解し」「分析」するのは…

スタッフに求めるべきことではありません

店主のスキルが上がらない店舗運営は

スタッフのスキルUPも望めません

同じく不特定多数のスキル依存している場合も

スタッフ全体のスキルUPが望めません

《POPは書き方じゃない!キーワードの選定こそコツです

その結論がこれです!

そして【マニュアル化】することで最大化します

POPを書く作業から「関連キーワードを検索する」

スタッフにそのスキルがどれだけ役に立つのかを

発信してスキルをあげることは店主の務めです

これは20年近くの現場作業を効率化しようとして

現場の作業に携わっておきながら自分ではせず

“スタッフの特権”としてロスだと気づきながら

不可侵的で納得させることが出来なければ

覆せなかった今までの「作業効果」のたれ流しを

最強のスキルに換えることが出来る

それが「関連キーワード」を軸にして動くです

【PDCA】を何万回も高回転で回す人よりも

【DDDD】で動きまわれる素人の為の羅針盤です

※【DDDD】竹花貴騎さんのYouTubeより

具体的な事例を次回はPOP内容も含めて書きます 420yama

「だろう」は馬鹿野郎「かもしれない」行動が道を切り開く

posted in: 420blog | 0

「だろう」は馬鹿野郎「かもしれない」行動が道を切り開く

免許の更新というものが訪れました

今回はゴールド免許ですが別にペーパードライバーではありません

そして免許がゴールドある必要もありません

運転は経験則がモノを言うと想っています

運転をずっと自分のスキルに頼っていくつもりもありません


皆さんが何かの道を極める為に「免許」が必要と思っていたりしませんか?

「国家資格」など士業を別格としても「何か資格があると有利になる?」

そんな自己投資を優先するよりもアルバイト一つでも取り組み方一つで

「行動」が自己投資となり有益なスキルになるのではないでしょうか?

喫煙具の販売に専門的な免許はありません。たまに尋ねられる事があります


「免許が必要だろう」でその先を調べない人は一生「だろう」で行動しない

「免許が必要かもしれない」そう思って調べる人は常に「かもしれない」で

自分で行動する癖を身につける人になれます


サラリーマンをする人の悪い点を言えば「就職さえすれば一生安心だろう」

サラリーマンを「将来に必要かもしれない」っとは想ったことないですか?

「就職」を自己投資として取り組むのは正しい選択の一つだと感じます


今回はそんな「だろう」と「かもしれない」が皆さんの分かれ道を左右する


「行動が道を切り開く」と言うタイトルで成りたい自分を現実に引き寄せる

そんなお話を書きていきます

今回のタイトルのネタ元は「だろう運転」ですね

人が飛び出して来ない「だろう」

向こうが避けてくれる「だろう」

免許の更新に行った際の講習時間のインプットから

自分たちが日頃行なっている業務のポイントとのリンクを見つました

検索キーワードには引っかからない!ちょっとした学びの回です

店舗を運営する中で時に「だろう」と「かもしれない」

この二つのキーワードが持つ力を理解して磨いておいくと

店舗を運営に役立つスキルとし成立させる事ができます

「かもしれない」運転はいったい何に繋がるのだろう?

今回のブログで「何が解決されるかもしれない!」のだろう?

それは「仮想空間」と「現実社会」をつなぐ

【関連キーワード】共通言語のお話


それでは「かもしれないワールド」を学んで行きましょう

皆さん!行動を「だろう」で自分勝手に行動してもスキルは伸びません

先輩に教わった作業工程をただ単に分析もせず「だろう」で身につけても

アルバイトでは時給以外に何も得ることは出来ません

アルバイトで時給以外に自分の労働時間を切り売りした見返りを得るには

「かもしれない」で分析することです!時給と同時に自己スキルUPになります

皆さんが「どんな事に気づかないのか?」そんなお話をしていきます

スタッフの中には「だろう」だけで安打を量産するタイプもいます

それも一芸に秀でて磨き続ければ(10年以上)使えるスキルとして成立します

しかし…それは稀に一部の人間に認められることであってマス層へ響きません

一般的には評価の対象ではないと言う市場の判断になります

【POP】などに使うキーワードや言葉使いなどにも応用が効くかもしれない

「かもしれない」は一般的な消費者へ向けたキーワードを含むメッセージ発信

その文章構成にも役立ちます!「POP」とはよく従業員の代わりをする役目

「商品説明の補助」や「情報提供」「クロージングサポート」色々な意味で

幅広く役立つ店舗手法の一つです。コンビニではPOPは余り見かけれませんでしたが

人気あるコンビニなどでは「POP」が導入されたことにより話題性を生み出して

販売促進につながると言う事例もあります「販管費」としては無料ではありませんが

使い方を極めることで「投資費用」が最も少なく!より消費者へのサービスを向上させる方策のように感じられます
ですが!それは殆どの場合「コスト高」となっていて一過性の付け焼き刃です

まずPOP担当になった人間の時給とPOPを作る時間を計測して下さい

パンのPOPを作るなら「アイディア」くらいあれば簡単に書けます

そこから飛躍して「店舗全体の商品にPOPを増やそう」と言う動きになったら

要注意です!POPとは言わば【消耗品】となり使い終わると消却されます

これは雑貨屋あるあるですが!雑貨屋はPOPで店内の雰囲気なども

丈夫に演出する事ができますので「割安」に店舗イメージを作れる

そう感じるかもしれませんが!それはPOP作りのとても上手なスタッフが

勤務していれば成立する話であって「継続性はスタッフに依存します」

スーパーなどでPOP書体を書ける人間などもある程度は育成されたスタッフです

一度「POPによる世界観」をシステムとして店舗内に導入した場合は

そのイメージ維持に縛られてしまい脱却できないと言う現象が起こります

経験上!それは良い時もあれば悪い時もあります!あった方がいいのは絶対ですが

無くてもなんとかする事はできる!数字の面で言えば【1.5倍】の売上差を

生み出すことも可能な手段だと想っています!

しかし「なぜ?」推奨しないのか?それは1.5倍売上をキープするのには

人件費も1.5倍必要だからであると言えるからです

固定費を1.5倍かけてPOPによる集客力や購買力をアップさせるのは

要素の一つであるのは確実ですが「固定経費」が増えても

確実性という面では「スタッフ」という人間を管理することの上では

不確実な要素が多く「変動数」の振り幅が大きいというのが実情です

モチベーションの高い時は生産性も内容も素晴らしいモノを生み出す

しかし、「やる気」をコントロールできる人間は至極稀ですよね?!

その不確定要素を加味すると「POPは売上を1.5倍にしてくれるだろう」

スーパースタッフを求めてもそんなスタッフはいないと言うことをしましょう

ダメな奴だ!っと想ったから次のスタッフを採用しても!

またダメな奴が採用されることを知りましょう!

それはあなた自身が採用を担当しても同じことが言えます

そうです!あなたの脳味噌の判断基準が「だろう」だからです

この子は大丈夫だろう!次のことは平気だろう!ですよね

「かもしれない」とは!どういった対処策なのだろうか

人を育てたり採用したりして伸ばして成長させて行くには

良い先輩でもなければ良い職場環境でもない!

【何度も何度も質問や疑問や問題などを繰り返し尋ねても答えの変わらないモノ】

マニュアルと言う存在が時としてスタッフへ中立な立場で返答を行い

誰から教わった訳でもなく!しっかりと成長サポートする役割となる

そしてマニュアルもPOPも同じこと要素で構築されている

そう!それは使われる言語であり!文字であり!文章である!

そこには中立と規律と【キーワード】が埋め込まれていることで

新人のスタッフにとって「教育」というメンタルに関わる分の

ケアをしてくれるメンターの役割を担ってくれる訳です

「先輩に良きメンターがいる」そんなの幻想です

あなたがもし経営者なら解っているはずです

今いる存在が過去にどんな事を繰り返してきて

それをお目溢しして「育てた!」と自負しているのかを

会社に残るスタッフには「サボりが優秀な人材」もしくは

「優秀なスタッフが辞め!無能だったスタッフが辞め!」

結果的に長く働き続ける能力があった人が残っている訳です

会社のチーム構成は5年から10年で形成されるけど

今の時代はそんな会社は求心力も低ければ小まわりも効かないでしょう

もちろん!強い会社としての団結力は整っていますが

新人にとてっては「何々派!」みたいな内部分裂の中で

無駄な時間を過ごさなくてはなりません

雑貨屋さんの募集で「アルバイト募集」って張り紙を目にする度に

同じ業種に属する立場から

「誰がこのご時世に時間を切り売りして雑貨屋で一緒に働くんだろう」っと想ってしまいます

働く先には何があるのでしょうか?!働く皆さんが目指す先とリンクしているのでしょうか?

この店で働くことによって「どんな自分になれるのでしょうか?!」

もう誰も「だろう」じゃ働いてくれない訳です

これだけのスキルを身につければ!これくらいの役職にはなれるかもしれない!

必要な情報を開示して自分達が動き出さなければ雑貨屋さんなどに

人手が回ってくる時代はそろそろ終わりを告げるでしょう

魅せることのできない商売では今後は生き残れない!

採用でハッキリ明示する「店長募集」「バイヤー募集」あなたが今いる立場を

あなたが切り抜けて先に進まなければならない!って理想論ですが正論です


店舗とはスタッフに「Hoodie」を与えているようなものです

スタッフにとっては出勤すればHoodをかぶることも出来るし

被らずに素顔晒すこともできる選択余地があるのですが…

マニュアルによって「被る者」「外せる者」をしっかり棲み分けする

あくまで店舗というHoodieを着ているからお客さんはお客さんであり

あなたの事をスタッフと認識してくれていると言う事実をしっかり教える

あなたの顔を憶えてもらう為にはあなた自身が早くマニュアルに沿って

素顔を出せるスキルを身につける事なのです!


はい!これらは今までの古い働き方の一例です
採用時点でハッキリ明示する部分は今でも必要ですが
新しいスタッフ育成にはHoodieは着せません
代わりに何を共通項として与えるべきか?!



よく動画でSupremeの店員さんの対応って動画がありますが

彼らも店を出れば唯のおにーちゃん/おねーちゃんですし

なんの影響力もありません!それでは何が影響力を生み出すか!

「だろう」と「かもしれない」の最終的な結論は…

Youtube及びBlog もしくはInstagramに参加させる

人を集めることに特化させた発信に参加せる

スタッフ同士でも出逢いが生み出す相乗効果を認識させる

人を集めることに成功しない場合は入れ替えを行う

時給で働く時代ではなく時間を組み込む時代へ流れていること

参加する事を意識しないと時間労働で終わる事を学べる環境を作る

結果的にアルバイトをいつまでも労働力やいつか辞める「だろう」で

なんの知識的スキルも与えないままの環境で働かせる時代は終わりました

アルバイトであっても「店長候補」「バイヤー候補」として

いつか活躍する場に立った時に役に立つ「かもしれない」そんな気持ちで

知識的スキルも技術的スキルも出来ればその場で味わう体験も含めて

経験則を惜しみなくあげることが今後の中小店舗の継続に必要な

【魅力】の部分であると僕は考えています

職場を選ぶ側も「未経験」を気にしているところはあります

でも誰も何処も採用しなければ「未経験」は永遠に未経験です

職場を選ぶ側も採用する職場側も「未経験」はロスではなく

お互いに「未経験だろう」ではなく「未経験かもしれない」

そこを尊重できるようになる動きをする事をおすすめします
私は「未経験」かもしれませんが夜のバイトや関連のないバイトで

労働時間を切り売りして対価をもらう事は簡単かもしれません

ですが自分が叶えたい将来のイメージに関連する職種で

未経験ではありますが働かせいただく事で「ビジネス」を学びたく

仕事に対しての意欲を買っていただき採用を検討して頂けないでしょうか!

最近ミーティングした子の意欲部分を僕の文面に起こすこうなります

今の子達は「お金を稼ぐ」のに1時間1000円の時給なら

1時間を自分を磨くことに費やして「そこから10000円を得られる」

そう言う理屈を知っている子が多いです!

特に10代後半のアルバイト要員として欲しがる小売店や中小販売店

そんな都合の良い時代は終わりましたよね?

外国人が雇えるから大丈夫だと問題解決を先送りする企業に

未来はないと想っています!次に一緒に働く子とは対等に働く気構えで

「この子の時給10000円の価値をそれ以上に伸ばせるかもしれない!」

そう言う視野の広さを使って職場環境をアップデートして行きます

詰まるところ!「だろう」「かもしれない」には大きな開きがあります

事故予測する能力にまつわるネタでしたが自らの人生も予測しつつ

「だろう」で済ませるのではなく「かもしれない」と言う行動と学びを

常に自分のスタンスに組み込むことで「どんな職種にも対応できる」

未経験をマイナスではなくプラス要素にして望んだ仕事でスキルをあげる

そしてスキルを使って自分が将来するべきビジネスを叶える!

一見してバイト先には何の特にもならない様に想えますが

そう言う人材を教育してサポートする事で職場環境は改善され

必然的にバージョンアップされて生き残りの強い店舗へと鍛えられます

「アルバイト募集」辞めましょう!あなたの店舗が今本当に欲しい人財

将来必要になる人財をシッカリと伝える事でお互いの道が切り開かれる

420shibuyaも新しい業務を共同する新しいスタッフを開始します 420yama