BAD HOPの無観客ライブこそ最新のLIVE 【横浜アリーナ】

posted in: 420blog | 1

BAD HOPの無観客ライブこそ最新のLIVE

勝算のあるイベントだけが生き残る時代は終わり

2020年3月1日横浜アリーナで新たな幕開けが訪れようとしているのに興奮したので420blogでも考察させて頂きます

  • 横浜アリーナの動員数が約17000人とか
  • 基本使用料 6500000円とか
  • 付帯設備費が何百万とか
  • チケット代の平均が8500円相場9000円とか

そんな事どーでもいいですよね?彼らは『いくら借金を背負ってでも、無観客でもいいからライブを届けたい』その道を選択したのですから、彼らのポテンシャルは準備に費やした日数分熟成されただけじゃなく!この数日間で明かにBurnoutしている訳ですね

凄まじい覚悟をみせるBAD HOPの横浜アリーナでの無観客ライブ。

多くのイベントや施設が中止や運営停止に追い込まれる中、ネット配信というBAD HOPの選択はどのような爪痕を社会に残すか、必見。

https://kai-you.net

まさにKAI-YOU.netさんの熱のこもった文章どおりです。政府からの要請にきちんとした姿勢を見せた上での彼らなりの“かぶき”なのですから…

無観客ライブの先人が🙅‍♂️だろうが🤡だろうが!よくね

くだらない事で喜ぶヤツの顔なんて彼らには見えない!

TwitterだろうがブログだろうがLikeやPVで稼ぐヤツらの声なんて彼らの耳には届かない!

まぁこの420blogも一緒なんだけど考察なんて言ってるけど、別にBAD HOPに詳しくない訳じゃないんだよね。別に聴かない訳じゃないし川崎だし地元近いし年代が違うから熱狂的には好きになんないだけで、店でも音源は聴かせて貰ってるし…ただ今回の無観客ライブは、このタイミングでBAD HOPが自ら選択してやるって事に対して、『どのような爪痕を社会に残すか』見届けたいしYouTubeでの生配信を応援したくさせるよね

先人が散々デカイLIVEを成功させ世界的なバンドになってから実践したんじゃカッコ悪い訳ないじゃない!川崎あたりでマイク握って馬鹿やってた連中が馬鹿やってる連中に魅せる“生のかぶき”だから旬だよね

海の向こうの輩センとかも観てほしいから…さり気なく

熱電導って言うか…伝わるモノがあって別に音楽業界に居るわけでもなけりゃ。そっちの界隈やあっちの界隈やに首突っ込んでる訳じゃない。いつもニコニコどっちつかず中立やーまんな420渋谷は皆んなが笑って訪れてくれるから、いつも幸せで感謝してます。そんなだから海の向こうに今回の彼らの無観客ライブ情報は飛ばしたい訳ですよ。こうして420Blogの紙飛行機につづって…

さて3月1日の横浜アリーナライブに向けて、彼らはどんなステージを仕込んでいたんだろうか?

12月の川崎駅前にてゲリラライブ開催

そのライブで告知されたのが「BAD HOP WOLD 2020」だ。

https://kai-you.net

『Life Off』…9秒の動画…過去投稿の非公開…

ふむふむ「なんとかWOLD」ってネーミングがちょっと直球って感じで、matrixっぽい映像が彼らの意図のあらましなのかな?ヘッズ諸君ディスじゃないぞ!彼らなりのサプライズが盛り込まれてるんだろうことは明かで、夢の国というよりは、電脳世界ってAnswerが伝わってくるんだけど…

余談:川崎駅前のさいか屋って?もう無いの?誰か歌詞じゃないけどハイエースに揺られて夜中によく行ってたんです。きっと彼らと同い年くらい。南武線でも通ったよねぇ なんの目的があったのか?まったく覚えてないけど…

「○○売るより金になる」ヒップホップが変えた“価値”

KAI-YOU.netさんの記事にハマりだしてしまってBAD HOP WOLDの全容が全然リサーチできてないんだけど…結果、彼らは2万人近い無観客の前でどんなステージパフォーマンスを繰り広げるのか?そして一つだけ懸念されるのは…近くで寄り添いたい衝動のヘッズがBAD HOPが選んだ選択肢とはベクトルが真逆の開催されない横浜アリーナに押し寄せること!

BAD HOPが好きならHandz Upは家でやんな

まぁ何言ってもレペゼン川崎には通用しないでしょう

  • “マグマみたく沸くアドレナリン”
  • “ストレスぶちまけ遊べばいい”
  • “不条理不満だらけのこの社会”
  • “ないぜ新聞より見る鏡…”

それが狙いなら大惨事でしょうが不条理な社会が彼らの選択した無観客ライブに正当な称賛を贈ってくれることを切に願いつつ。この新しい世代の選択が前代未聞であろうがなかろうが、創りあげた自分たちのエンターテイメントをどんな方法であれ、一緒になって泥まみれを味わい、一緒になって地べたを這いつくばってきた、そんなヘッズのところまで降りて行き伝えると言うあり方に賛同させて貰いたいです

勝算ではなくつくり手が総出になってワクワクする“かぶき者”であるからこそ最新のLIVEが生まれる

Big up Nuff Respect 420shibuya一同 心より

Comments are closed.